「仁太坊そば」

2021年7月8日 / Topics

神原そば生産組合

「仁太坊そば」

金木では以前より川倉地区に「川倉そば」生産組合があるものの、玄蕎麦の出荷をするだけで地産地消まで至らず、個人的に歯がゆい思いをしていました。

そうした中、神原の生産者によって商品化が実現し、とても嬉しいです。

神原は元気村の隣村で、津軽三味線の始祖「仁太坊」が生涯を過ごした場所です。

神原そば生産組合の前田正廣代表は神原仁太坊会の会長でもあり、元気村では飲食メニューに「仁太坊そば」を提供することにしました。

今日は前田会長からモニターで提供頂いた商品を試食し、元気村流の仁太坊そばをどうやるか話し合いました。

商品は乾麺ですが、いずれ私たちが玄蕎麦から生蕎麦を打てるよう今後の目標にしたいと思います。

仁太坊そば、美味しいですよ。

Event

本州最果ての奥津軽トレイル2日間
奥津軽トレイル 雪の3時間エンデューロ プレ大会
奥津軽ガストロノミー列車シリーズ
第1回奥津軽エスコーター育成講座